トップ

炭酸水でヘッドスパ

炭酸水ヘッドスパの効果とは

炭酸水ヘッドスパの効果について

仕事も恋愛も本気で頑張りたい27歳の私には大きな悩みがあります。
毎日念入りにシャンプーをしているにも関わらず、頭皮がすぐにベタついてしまうのです。シャンプーの後、髪の毛を乾かす時点から頭皮のスッキリ感はありません。
頭皮が濡れたまま寝ると頭皮が蒸れてベタつきやすくなると聞いたので、お風呂上りには完全に髪の毛を乾かすようにしています。それでも、頭皮はいつもベタっとしているのです。

行きつけの美容院で頭皮のベタつきに悩んでいることを相談すると、「炭酸スパ」をしてみたらどうかと勧められました。炭酸水と炭酸フォームを使うことで、頭皮の汚れを取り、頭皮の血行を促進できるようです。そして、頭皮マッサージでさらに頭皮を血行促進し、最後に頭皮エッセンスで頭皮に栄養を与えてもらえるということで、やってみることにしました。炭酸水についてはこちら

炭酸スパは期待していた以上に頭皮にスッキリ感があり、ヘッドスパをしたあと数日は頭皮のベタつきもなく爽やかな日々を送れました。しかし、一週間もするとこれまでのように頭皮にベタつきが戻ってきてしまいました。

頻繁に美容院に行く人やそこまでベタつきがひどくないという人には美容院での炭酸スパがオススメです。しかし、わたしのようにひどいベタつきで悩んでいる上に、2~3ヶ月に1回のペースでしか美容院に行かないという人は、美容院での炭酸スパ以外にも自分で何か対策を取らなければいけません。

調べてみると、自宅でも炭酸水を使って自分で炭酸水ヘッドスパができるという事がわかりました。しかも、ヘッドスパに使う炭酸水を自分で作ることもできるのだそうです。そこで、2~3ヶ月に1回の美容院での炭酸スパに加えて、自宅でのヘッドスパをやってみることにしました。

1回のヘッドスパに必要な炭酸水はショートヘアの人で2.5L、ロングヘアの人で3Lです。市販の炭酸水を使用することもできますが、わたしはコストを抑えたいので、自分で炭酸水を作ることにしました。

<炭酸水の作り方>
1、食用重曹・食用クエン酸・水を用意します。
2、水1Lに対して重曹とクエン酸を小さじ2杯ずつ入れて混ぜます。

ポイント
時間が経つと炭酸は抜けてしまうので、炭酸水は使う都度、作るようにします。

とても簡単に自分で炭酸水が作れます。

炭酸水のヘッドスパの効果は大きく分けて3つあります。1つ目は、血行が促進されることです。炭酸水の特徴として炭酸水の中には小さな気泡がたくさんあります。この気泡の正体は炭酸ガス、つまり二酸化炭素です。炭酸水が頭皮に触れるとこの炭酸ガスが頭皮を通り抜けて毛細血管に入り込みます。そうすると、毛細血管内では異物が入ってきたと判断され、異物を排出しようとする働きが活発になります。これにより、血管内の血液の流れが良くなるのです。

2つ目の効果は、毛穴に詰まった老廃物や汚れを取り除くことです。炭酸ガスの働きで毛穴に詰まっている汚れを浮き上がらせ、たんぱく質を吸着します。これにより、ベタつきの原因となる皮脂や古い角質などを取り除くことができるのです。

3つ目の効果は、炭酸水が弱酸性という性質から、パーマやカラーの持ちを良くすることができるという点です。パーマやカラーをすると髪の毛はアルカリ性になりますが、炭酸水スパをすることで、素早く元通りの弱酸性に戻すことができます。

もう頭皮のベタつきで悩まないために、週に1回の自宅炭酸スパを習慣にしていこうと思います。